【アマビリス】花茎用に支柱を差しました

こんにちは、コロンです。

まずは、ご挨拶が遅れてしまいすみません。

2019年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

という事で、前回11月は花茎が凄い勢いで伸びてきたアマビリスでした。

こんにちは、コロンです。 先月は9枚目の葉が伸びてきて、少々鉢が手狭になってきたのかも・・・と感じた事を記事にしましたアマビリスです。...

一週間毎にどんどん大きく伸びていますね♪

さて、2018年12月はどのような成長をしたのでしょうか?

それでは、アマビリス栽培記 始まります。

最後までお付き合い頂ければ幸いです。

■2018年12月 アマビリス(Phal. Amabilis)栽培記
2本伸びてきています
アマビリス(Phal. amabilis)

アマビリス(Phal. amabilis)

少し写真が判り辛いですかね…。手前に花茎が2本伸びてきています。

まだ支柱を立てるほどでは無いですね…。

もう少し伸びてきてくれないと、固定が出来ませんね。

真っ直ぐ伸びた花茎
アマビリス(Phal. amabilis)

アマビリス(Phal. amabilis)

上の写真から1週間後…ではなく、2週間後です。

すみません、色々年の瀬で忙しく、写真を撮る事が出来ませんでした…。

でも、上手く日の当たる方向をコントロールしているせいか、花茎が真っ直ぐ上に伸びてきていますね♪

次の週ぐらいで、支柱を立てても良いかも知れませんね。

アマビリス(Phal. amabilis)

アマビリス(Phal. amabilis)

根元を良く見ると、新たな根も伸びてきています。

特別な温室やフードを被せてはいないのですが、私の住む所は、冬でもある程度温暖な所なので、このような時期でも成長を続けるのでしょうね…。

下の葉が黄変さえしなければ幾らでも伸びて欲しい…w

そろそろ…支柱が欲しいですね…
アマビリス(Phal. amabilis)

アマビリス(Phal. amabilis)

一週間後です。珍しく写真を夕方撮りました。

流石にそろそろ支柱を立てて上手く添えないと、花茎がこちらを向きません。

一度ぐらいそんな育て方もしてみたいんですけどね…w

胡蝶蘭と言えば支柱を立てて…というのがイメージとしてあるので、基本的には支柱を立てるのが当たり前になっています。

アマビリス(Phal. amabilis)

アマビリス(Phal. amabilis)

という事で、支柱を立ててみました。

一旦は支柱は刺しただけで、まだ花茎の位置の固定はしていません。

根が鉢の中でうねっているせいか、支柱を差す際どうしても根を傷付けているのが判るので、あまり気分の良いものでは無いのですが…皆さんどうしているのでしょうね…。

そろそろ固定をしますね
アマビリス(Phal. Amabilis)

アマビリス(Phal. Amabilis)

一週間後です。かるーく支柱に固定してみました。

花の咲く位置によっては、支柱の曲げ位置を少々調整しないといけないかも知れませんね。

固定のテープは100均で手に入れた園芸用のテープです。

ハサミと花茎用テープ

ハサミと花茎固定用テープ

固定の方法も、良くある針金とか色々試したのですが、この固定テープが花茎にもダメージが少なそうなので最近はこればかり使っています。

ダイソーで100円、粘着する事は殆どなく、材質も柔らかいのでお勧めです♪

(最近のダイソーは園芸コーナーが本当に凄いですよね…。)

■まとめ

先日から引き続き、順調に花茎も育ち、とうとう支柱を差して花茎の固定をしたアマビリスです。

毎年3月位には花を咲かせるので、開花には後1か月~2カ月掛かりますかね…。

ここまでくると、余程おかしな事が無い限りは…普通の水やりさえ欠かさなければ、無事に咲いてくれると思います。

(水やりをサボるとどうなるか…実は花があまり咲かず、透明な蜜が出てくるようになります。詳しい話はまたの機会に…)

このように、寒い冬でも比較的簡単に育てる事の出来るアマビリス、もし気になったら是非栽培にチャレンジしてみて下さいね♪

今回も最後までご覧頂きありがとうございました♪

今後ともどうぞ、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 蘭園芸(らん)へ
↑ ブログランキング参加中です。クリックを頂けると訪問者が増え、ブログ継続の励みになります♪お時間があれば是非お願いします。

■このブログについて
初めて当ブログにお越しの方は、このブログの紹介を纏めたこちらのページをお読み頂ければ、よりお楽しみ頂けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする