【訪問記】世界らん展2019 —花と緑の祭典—(その1)

こんにちは、コロンです。

今回は、先日行われた「世界らん展2019」に行ってきましたので、その簡単なレポートといいますか、訪問記のような物を書いてみたいと思います。

あまりこういうタイプの記事は書いた事がないので、少々不慣れな所もありますが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

■世界らん展2019 —花と緑の祭典—
■まずは会場へ
東京ドーム

東京ドーム

普段からあまり仕事に熱が入っていませんが、この日はいつもにも増して仕事に熱が入っていませんでした…w

世界らん展の初日、2月15日の金曜日。

普段は金曜日に定時退社など滅多にしないのですが、今日は特別です。

不審そうな目で見る同僚たちをしり目に、いそいそと東京ドームに向かいました。

東京ドームイルミネーション

東京ドームイルミネーション

東京ドームの周りは綺麗にライトアップされ、非常に幻想的です。

私も10年ぐらい前のコンデジしか持っていなかったので、このような写真しか撮れませんでしたが、じっくり写真撮影に来るには中々良いロケーションです。

意外とカップルは少なかった気がします。
(今どきカップルと呼ぶのか不明ですけど?w)

■東京ドーム らん展会場

私も昼の「らん展」には何度か来た事があるのですが、夜、そして初日に来るのは初めてです。

ゲートから中に入ると、人はまばら…。

空いているといえば空いていますが、会場はどうなんだろうと、通路から会場を見渡してみました。

らん展全景

らん展全景

何となく不思議な光景です。人はいるんですが、かなり静かな雰囲気です。

照明が控えめで大人なロケーションですね…。

中々ムーディ(死語)な感じで少々腰が引けています…w

ピアノ演奏

ピアノ演奏

ステージに目をやると、何やら音楽が流れ演奏会が始まっていました。

よくよく見ると結構な人だかりですね。

後から知ったのですが、有名なクラシック演奏者の方のステージでした。

素敵だな…とも思いましたが、お目当ては胡蝶蘭です。残り時間もあまり多くない…暗い階段を慎重に会場に降りていきました。

■オーキッドゲート~シンボルロード
オーキッドゲート2019

オーキッドゲート2019

観客席の階段を降り切ると目の前に、オーキッドゲートなるモニュメントが現れます。

この辺りはさすがに少々人が居て、皆さん思い思いに写真を撮られていました。

私も逸る気持ちを抑え、カメラを取り出し写真を写して行きます。

頭の中を支配しているのは残り時間…お目当ての胡蝶蘭が買えるかどうか…って事ですけどね…w

展示されている花や胡蝶蘭

展示されている花や胡蝶蘭

展示されている花や胡蝶蘭

展示されている花や胡蝶蘭

ゲートを潜ると、素敵な胡蝶蘭が沢山展示されています。

10年前のコンデジで来てしまった事を後悔しつつ、頑張って写していきます。

プロが育てているのだから当たり前なのでしょうが…どうしてこんなに立派に育つんでしょうね…。

展示されている花や胡蝶蘭

展示されている花や胡蝶蘭

展示されている花や胡蝶蘭

展示されている花や胡蝶蘭

私も胡蝶蘭以外は全然判らないので、あまり他の花は写真に収めなかったのですが、この2種類だけは素人ながらに思わず写真を撮ってしまいました。

メディアで見かける有名な花ですよね…凄い迫力です。

そして…後からですが…意外に良く撮れている事にも驚きました…w

会場風景

会場風景

シンボルモニュメントに上り、会場を見渡します。

上の蘭が飾られていた、メイン通路であるシンボル通路は結構人が居ますね。

それでも日中、昼間に比べたら全然少ないんだと思います。

会場風景

会場風景

会場風景

会場風景

でも、メイン通路以外はそれ程でも無いようです。

これなら存分にじっくり見て回れますね。少し安心しました。

■ディスプレイ部門
ディスプレイ部門

ディスプレイ部門

次に大迫力のディスプレイ部門を見て回ります。

照明を落としているせいか、少々怪しげな雰囲気がたまりませんね。

一人で回っていると、少々寂しい…悲しい気持ちになってしまいます…。

ディスプレイ部門

ディスプレイ部門

ディスプレイ部門

ディスプレイ部門

ディスプレイ部門

ディスプレイ部門

ディスプレイ部門

ディスプレイ部門

ディスプレイ部門

ディスプレイ部門

ディスプレイ部門

ディスプレイ部門

大きくエリアを使って沢山の胡蝶蘭を飾っているせいか、この辺りもかなりの人気スポットの様でした。

沢山の女性がポーズをつけて、思い思いに写真を撮っています。

少々暗いのが残念ですが、じっくり写真を撮りながら、また楽しみながら見るには、初日の夜は凄く良いシチュエーションだと思います。

次回に続きます

■ご参考

今回の記事の中で出てくる世界らん展2019の会場マップはこちらです。

■次回の記事

こんばんわ、コロンです。 今回は、前回に引き続き「世界らん展2019」に行ってきましたので、そのレポート後半となります。 相変わらずの纏まらない文章で恐縮ですが、今回も最後...

にほんブログ村 花・園芸ブログ 蘭園芸(らん)へ
↑ ブログランキング参加中です。クリックして頂けると訪問者が増え、ブログ継続の励みになります。お帰りはこちらからお願いします。

■このブログについて
初めて当ブログにお越しの方は、このブログの紹介を纏めたこちらのページをお読み頂ければ、よりお楽しみ頂けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする