【TIPS】アマビリス栽培方法(2018年まとめ)

こんにちは、コロンです。

今回は2018年の振返りを行いつつ、1年通したアマビリスの育て方を簡単に纏めてみようと思います。

アマビリス

アマビリス

育ててみようかな?と思われている方の参考になれば非常に嬉しいです。

今回も最後までお付き合い頂ければ幸いです。

■年間カレンダー

1年通した出来事はこんな感じでした。

アマビリス 2018年間記録

アマビリス 2018年間記録

順不同になってしまうのですが、7月の新葉~花芽~開花と順に見ていきますね。

■新葉について

新葉なんて書いていますが、花が落ちてから花芽が出るまでを新葉としています。

…要は成長期と捉えて頂ければと思います。

アマビリス

アマビリス

このアマビリスは結構あまのじゃく?で、夏一杯花が咲いている事もあるのですが、2018年は6月には花が終わってしまいましたね…。

3か月も花が咲いているとすると結構長持ちしていると感じるかも知れませんが、うちのアマビリスは調子が良い年は6か月ぐらいは咲いていた事もありますので、どちらかと言うと今年は短めでした。

気を使った事

まず、花が終わったら直ぐに花芽を落としてあげる事。そしてバーク栽培なので水をたっぷり上げる事ぐらいでしょうか。

なお花芽を落とす時には、よく消毒した鋏を使って下さいね。
(私はガスコンロに火をかけ、安い園芸ばさみを直接あぶります。)

後は切り口を弄らない様に、落とした直後は切り口に直接水が掛らない様にする事位ですね。切り口が乾いて(枯れて)きたら大丈夫です。

■花芽について

普段通り、1週間に1度の世話さえ怠らなければ、11月には無事に花芽が出てきました。

アマビリス(Phal. amabilis)

アマビリス(Phal. amabilis)

毎年必ず2本以上は出てきてくれます。年によっては3本出てくる事もありますが、2018年は2本でした。

同時に伸びてくるというよりは、一本伸びてきて少々遅れてもう一本伸びてくる感じでしょうか。

気を使った事

育て方自体は上の新葉の時期となんら変わりません。しいていえば、ある程度伸びてきたら支柱を立てる位ですね。

アマビリス(Phal. Amabilis)

アマビリス(Phal. Amabilis)

これもあまり決まりはなく、花芽が葉の上に伸び、そろそろ下に曲げたいな…と思う位で支柱を刺します。

支柱を刺す時には、意図せずに支柱が根を傷づける事があるので、その辺りだけ少々気を遣う位ですね。と言ってもゴメンゴメンと言いながら刺してしまうのですが…w

花芽と支柱は紙のテープで押さえます。私は100均(ダイソー)で売ってるものを愛用していますが、柔らかく抑えてあれば何でもよいと思います。人によっては洗濯ばさみで押さえる人も居る位ですから。

ハサミと花茎用テープ

ハサミと花茎用テープ

後は適当なタイミングで花芽を抑えつつ、好きな方向に微調整しながら花が咲くのを待ちます。

■開花について

そして開花です。例年花見が終わる頃に咲き始めます。

アマビリス

大体4月ぐらいでしょうかね…。この時期こそ何もしません。花を静かに楽しみます。

根元の方から徐々に花が咲き、先端に向かって花が咲いていきます。

花が重なるように咲くと、上手く咲かないんじゃないかと思う時もあるのですが、基本的に何も弄りません。花の方で上手に向きを変えて避けてくれますね。

気を使った事

この時期が一番気を使わないかもしれません…w

水やりもいつもと変わらず、一週間に1度たっぷりあげる事ぐらいですね。

しいて言えば上で挙げているように、花を手で弄らない事でしょうか…。

つい可哀そうかもと色々弄りたくなってしまうのですが、あまり弄らない方がよい気がします。

■最後に

順不同になってしまったのですが、2018年のアマビリスの振返りとして簡単に纏めてみました。

2018年は少々花の咲いている時期が短かったな…と思いましたが、それ以外は相変わらず順調で、変な病気に掛る事もなく安心して楽しめました。

私も最初に手に入れたのがこのアマビリスなので、少々贔屓目もあるのかも知れませんが、この位の大きさの胡蝶蘭が一番育てやすく、頑丈で手間も掛からない気がするのですが、如何でしょうか。

もし胡蝶蘭栽培に興味を持った方がいらっしゃいましたら、あまり大きすぎない…この位のサイズのアマビリスの栽培から始めてみる事をお勧めします。

最後になりますが、また2019年も今まで同様に、安定して花が咲いてくれる事を願っています。

今回も最後までご覧頂きありがとうございました。

お気軽にコメントなどを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 蘭園芸(らん)へ
↑ ブログランキング参加中です。クリックを頂けると訪問者が増え、ブログ継続の励みになります♪お時間があれば是非お願いします。

■このブログについて
初めて当ブログにお越しの方は、このブログの紹介を纏めたこちらのページをお読み頂ければ、よりお楽しみ頂けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする