【ナゴラン】シオマネキ

こんにちは、コロンです。

先月は、新たな葉である6枚目の葉が徐々に成長してきた所をお伝え致しました。

こんにちは、コロンです。 先月は全ての蕾が咲き切ってくれたのですが、思いの外早く花が散ってしまい、少々残念な思いをしたナゴランです。 匂いも良く意外に愛嬌のある花の形でしたので、も...

一月かけて成葉にまで育ったかなと思ったのですが、実はまだまだこの葉、成長しそうな気配です。

また花は後1年楽しめないと思うと、他の部分…更なる新たな葉を期待してしまう所ですが、こちらもどうなりますでしょうか…。

それでは2019年7月のナゴラン栽培レポート、始まります。
今回も最後までお付き合い頂ければ幸いです。

■2019年7月 ナゴラン栽培レポート
まだ大きくなる…
ナゴラン(Phal. Japonica)

ナゴラン(Phal. Japonica)

まずは7月14日です。右側の葉が新たな6枚目の葉ですね。

6月の写真と見比べると成長のスピードは遅くなっているものの、確実に大きくなっています。

そろそろ成長を止めてくれないと、他の葉とのバランスがががが

まだまだ大きくなる!
ナゴラン(Phal. Japonica)

ナゴラン(Phal. Japonica)

7月28日です。嫌な予感的中です…。

ええ、今度は左の葉がその葉ですね…。確実に他の葉よりも大きくなり、明らかに無駄な自己主張を始めています…。

何事もバランスってありますよね…。残念な事に我が家の株はあまり気にしてくれないようです…。

■まとめ

今月は少々写真が少なくてすみません。7月7日の写真もあるのですが、成長の跡が判りにくかったので掲載を止めてしまいました。

ナゴランは初回の株で大失敗をしているので、今度の株こそはと大事に育てた結果、お陰様で無事に順化し成長を続けているので、ありがたいと思っています。

…が、少々奔放に育ち始めたようです…。

胡蝶蘭を育てていると、この奔放さに振り回されることがままあります。
…例えば根。根は空気中の水分を求めるあまり、勝手に鉢を飛び出して来ることがあるのです。私も元に戻せる柔らかさの根であれば鉢に戻すのですが、根も様々であまり固い根だと折れてしまいそうでそのままにしてしまう事もあります…。

育て方は人それぞれで、私はなるべく姿形が綺麗なようにと思うのですが、技術不足かそういう物か判りませんが、まだまだ思い通りにはいかない事が多いですね…。
少し前までは順化するか花が咲くかとそんな事を言っていたのですが、姿形に気を配るようになってきたのは、胡蝶蘭栽培に少し慣れてきたのかも知れません。

さてこのナゴラン、来月にはどうなりますかね…。もしかしたらシオマネキの様に一つだけバカみたいに大きな葉に成長してしまうかもしれませんね…w

今回も最後までご覧頂きありがとうございました。
お気軽にコメントなどを頂けると嬉しいです。

■ご参考:記事中の購入したナゴランです。

■前回の記事はこちらです。

こんにちは、コロンです。 先月は全ての蕾が咲き切ってくれたのですが、思いの外早く花が散ってしまい、少々残念な思いをしたナゴランです。 匂いも良く意外に愛嬌のある花の形でしたので、も...

にほんブログ村 花・園芸ブログ 蘭園芸(らん)へ
↑ ブログランキング参加中です。クリックして頂けると訪問者が増え、ブログ継続の励みになります。お帰りはこちらからお願いします。

■このブログについて
初めて当ブログにお越しの方は、このブログの紹介を纏めたこちらのページをお読み頂ければ、よりお楽しみ頂けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする