【ナゴラン】新たな仲間のナゴラン(名護蘭)

こんにちは、コロンです。

今回は、様々悩んだ末7月の末に通販で手に入れた新たな胡蝶蘭、ナゴラン(名護蘭)のレポートとなります。

なぜこのナゴランにしたかと言いますと、今まで胡蝶蘭を4鉢並行して育てていたのですが、いずれも安定して育てる事が出来るようになって来たので5鉢目を購入したかったのと、折角なら花が咲いた時、匂いの出る胡蝶蘭が育ててみたかったのもあり、このナゴランにしてみました。

凄く可愛い、小さいとあるので、新しい種にチャレンジしてみたかったのもあります。

そんなナゴランについて、簡単に調べてみました。

1721年名護市の名護岳で発見された絶滅危惧種のランの仲間。木の枝や幹、岩の表面などに付着する亜熱帯性の蘭で、主に沖縄本島北部の山中に分布していたが、当時から数少ない貴重な花だった。白く可憐な花をつけるなごらんは、そのあまりの美しさゆえに乱獲がたたり、沖縄本島では絶滅したと言われている。その復活を目指して、バイオ研究会が増殖方法を研究し、自然への移植を取り込んでいる。

出展:weblio ナゴラン

なるほど…上記にもある通り、どうやら日本古来の胡蝶蘭みたいですね。

私の手に入れたのは栽培品で乱獲とは関係ないのですが、このような由来があるとなると是非とも育て上げてみたくなります。

何とか花を咲かせて、その白く可憐な花と香りを嗅いでみたい…。

それでは、初のナゴラン栽培、始まります!
今回も最後までお付き合い頂ければ幸いです。

今月の出来事
早く成葉になって欲しい
ナゴラン

ナゴラン

7月の末に入手し、8月末の時点での写真です。
我が家に来てから、凡そ1か月経った事になりますね。

真ん中の小さい葉が伸びてきました。
入手した時には生えていませんでしたので、我が家に来て伸び始めた新しい葉ですね。

新たな葉が生えてくるという事は、我が家にも徐々に馴染み始めたと言えると思います。

とはいえ、暫くは恐る恐る様子を見ながら育てます。

今月のまとめ

元々、温暖な気候で育ったナゴラン。

通販の販売元は沖縄ではなく発送元も沖縄ではなかったので、恐らく現在は沖縄とあまり縁は無いのでしょうが…それでも温かい気候を好みそうですね。

初めて目にした際その小ささに驚いたのですが、何とか成長しているのを見ると、我が家の環境に馴染んでくれたかなとほっとしています。

来月は、この葉が他の成葉と同じぐらいに大きくなるのでしょうか…凄く楽しみです。

■次回の記事はこちらです。

こんにちは、コロンです。 先月は、ナゴランを新たな仲間として迎え入れ、新たな葉も生えてきたので順化も成功したかな?と感じた所でした。 日本古来の(胡蝶)蘭でかつ、匂いも楽しめる可憐...

■前回の記事はこちらです。

新たな仲間の登場です! まだ準備が出来ていないので、お披露目はこれからですが…。 少し珍しい胡蝶蘭を手に入れました。 一つ難点は…思いの外小さいって事。 こういう種なのでしょう...

にほんブログ村 花・園芸ブログ 蘭園芸(らん)へ
↑ ブログランキング参加中です。クリックして頂けると訪問者が増え、ブログ継続の励みになります。お帰りはこちらからお願いします。

■このブログについて
初めて当ブログにお越しの方は、このブログの紹介を纏めたこちらのページをお読み頂ければ、よりお楽しみ頂けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする